お見舞い花【フラワーベースアレンジ】

 

今日はバインベースを使用した一味違う珍しい

お見舞い用アレンジをご紹介いたします。

以前は良く作っていたお見舞いのギフト用アレンジ。

ICUなどの集中治療室では感染予防のため、

生のお花は持ち込めないケースが多くあります。

 

 

 

 

病院により、もちろん詳細は異なると思いますが、

お見舞いやお祝いのギフトに生花をご検討の際には、

まず、お相手の患者さまの入院病棟が一般病棟なのか、

もしくは、集中治療室なのかをご確認ください。

 

また、小児病棟・新生児室などでも断られるケースがありますので、 

事前にその病院にお問い合わせの上、お出掛けになられることをお勧め致します。

 

そして、生花持込厳禁の場合は

造花やプリザーブドフラワーを使用したギフトアレンジであれば

感染の心配がないので、安心してお渡ししていただくことができます。

 

造花やプリザーブドフラワーのメリットはもうひとつ。それは、

臭いや花粉もなく、お手入れの必要が一切ないということです。

お花の水やりや水替えは、意外とお相手(患者)様の負担になることが多いです。

 

 

余談になりますが、生花や造花は人それぞれとらえ方が異なります。

生花以外は「枯れ花」で縁起が良くないと思われる方もいれば、

退院後は入院時の物を自宅には持ち帰りたくないと拒む方も。

また、その逆のケースもあります。

 

生花の臭いや香りに敏感で受け取り後、すぐに自宅に持って帰ってもらうと言う方もいれば、

しおれていく花の姿に命の短さを連想し、悲しいお気持ちになられる方もいます。

また、退院後の自宅での療養生活中、入院時にもらった造花を眺め

「みんなが励ましてくれている」と、慰められる気持を覚える方もいらっしゃいます。

 

あくまでもフラワーギフトは贈り主様の気持ですが、

その方の症状やご関係などのTPOに合わせてお品物はご検討された方が良いでしょう。

家族や友人などの親しい間柄であれば、一言添えれば何も問題はないですが、

もし、目上の先輩や上司などであればお花以外のものを選ばれた方が無難な場合もあります。

 

 

話は元に戻りますが、

今回はICU病棟にご入院中のご友人様へとのご依頼でしたので、

元気になるビタミンカラーの黄色を主役にお選びさせていただきました。

病室もガーベラやカトレア、ヒマワリで明るくなると思います。

 

ご退院後も、ご自宅でスペースを取ることなく飾れるよう

壁掛けとしても利用できるバインベースを土台に使用し、  

カードを外してそのままお飾りいただくのはもちろん、写真に差し替えても良しの、

色々な楽しみ方ができるようにと制作させていただきました。

 

一日も早いご回復を、心からお祈りしております。

 

 

ちいさな小さなアートフラワー&雑貨SHOP

Fleurs Benites ~フルール ベネット~】

TELFAX050-1197-3548

https://www.fleursbenites.com