ミュンヘン【蚤の市/アウアードゥルト】

 

 

私が今回の買付け旅行の中で非常に楽しみにしていたミュンヘンの「アウアードゥルト蚤の市」へ行って来ました~💛

ミュンヘンのアウ地区、マリアヒルフ広場で春・夏・秋の年に3回(各9日)しか開催されない特別な蚤の市です。

沢山の出店に観覧車などの移動遊園地もいっぱい並んでいて、その空間にいるだけでワクワク感いっぱいでした🎵

 

「アウ」は中州、あるいは水辺の草地の。「ドゥルト」は市民祭りと言う意味なんだとか。


アウアー・ドゥルトの始まりは1310。以来100年以上継承されてきた

数少ない伝統的な市の一つで、絶対に来たかったんです(#^^#)

マリアヒルフ教会

ちなみに年3回の各名称は異なります。


 4 月終わりから5月にかけては 「マイ・ドゥルト(Mai Dult)」

7月に開かれるのは 「ヤコビ・ドゥルト (Jakobi Dult)」

10月は 「キルヒワイ・ドゥルト(Kirchweih Dult)」

ドイツならではのアンティーク雑貨や家具、キッチン小物、金物類、

骨董品や古本、民族衣装や人形、芸術品などが集結します。

最新家電製品など近代的なアイテムも並んでいました。

各国からプロが買い付けにくる程と言われるミュンヘンを代表する蚤の市だけあって

午後には凄い人で溢れかえっていました。


ヨーロッパ最大級の食器市としても知られています。


ブリキとホーローのお店を発見‼ 可愛い~~ッ💛💛

私、こういうの大好きなんです(*´▽`*)


このアンティーク家具のお店も凄くイイッ♡ 全部持って帰りたい!

どこを歩いてもどれを見てもステキ💛💛💛

今回の買付けは視察的な要素も多いので、ひとまず国際郵送などは考えず

飛行機で持ち帰れる容量限定でいよいよ買付けスタートです☆彡

でも...預荷物や手荷物に入る物だけ厳選するって

予想以上に難しくて頭を抱えましたぁ(;´∀`)


木製壁飾りのお店💛

やっぱり可愛いーー♡♡

「可愛いー!」とか「欲しいーッ!」しか言葉が出てこない(;´∀`)ww
買わなくても十分楽しめます!

一筆一筆丁寧に描かれている絵柄は心が和みホッコリさせてくれます。


小腹が空いたので軽食タイム。

30cmはある魚の串焼き。コレ、と~~っても美味しかったです‼


こちらも木製のお店。その場で木彫りをしてくれるのは唯一ここだけ。

お気に入りのカッティングボードを選び、私もSHOPの名前を掘ってもらうことに♬

20分程かかると言うことで、再び待ち時間を使って買付け続行です。


カードSHOP

こちらでも可愛らしいポストカードなどを購入💛

余談ですが、髪の毛少しだけブルーに染めました。

1ヶ月が経った今ではすっかり白髪に近いグレーになっていますが、

それはそれで、おもしろいです(*´ω`*)


あれこれ回っていたらすっかりと時間が経過。

先ほどネーム彫りをお願いしたお店へ戻ってみると、ちゃんと完成していました‼

とーーーっても楽しい大満足の1日でした。


店名の「Fleurs Benites」眺めているだけで嬉し~ッ💛💛

お店のどこに飾ろう?今も悩み中です(´艸`*)


ちなみにマリエンプラッツへはUバーンを利用して移動しました。

この自動販売機には日本語表記がありました。

マリエンプラッツ周辺とイザール川。

買付けてきた品物はオータム&ハロウィン装飾が終わり次第、

順次店頭に並べて行く予定です。


お目見えするまでもう少し先になりますが。。

首を長くしてお待ちいただければと思います<(_ _)>