ドライ×アーティフシャルフラワー アレンジ

 

 

 

前回に続いて2作目。こちらは講壇用のアレンジメントになります。今の秋らしさを感じつつも、50周年記念会が過ぎた後も通年飾りができるように、グリーン×ホワイト×ブラウンの3色カラーで制作させていただきました。

 

 

アーティフィシャルのラナンキュラスとバラ。

 

そこへドライフラワーを組み合わせることで、

より自然な風合いに仕上げることができます。

 

今回はインド石化と粟に加えて、

秋から冬にかけてはリースなどの素材としても大活躍する

蓮の花托をアクセントに使用しています。

 

 

個人的には、蓮のお花って大好きです。

泥水の中からでしか立ち上がることのない蓮。

 

泥の中で成長しながらも決して泥に染まることなく、

綺麗な花を咲かせるその凛とした立ち姿に憧れます。

 

 

 

ー 星野富弘さんの詩より ー

 

 

黒い土に根を張りどぶ水を吸って、

なぜ、きれいに咲けるのだろう。

 

私は大勢の人の愛の中にいて、

なぜみにくいことばかり考えるのだろう。 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    K (日曜日, 09 10月 2016 21:20)

    元気そうだね!相変わらずセンスが溢れているね。近々また寄らせていただきます。

  • #2

    BENI (日曜日, 09 10月 2016)

    kさん、コメントをいただきありがとうございます。

    今週末の15日(土)からは4周年記念フェアを開催予定なので
    お時間がございましたら是非お越しください。

    ご来店を楽しみにお待ちしております!