6/7 thu のコト 横浜山手西洋館「花と器のハーモニー2018」

 

先週のことになりますが、お勉強のためにと毎年見るのが恒例になった、横浜山手西洋館で開催されているフェスタ【花と器のハーモニー2018】へ行って来ました!西洋館は、外交官の家・ブラフ18番館・ベーリックホール・エリスマン邸・山手234番館・横浜イギリス館・山手111番館の7つ。

 

今年は3人のトップアーティストと、山手西洋館で季節の装飾などで活躍されている

4人のフラワー&テーブルコーディネーターによる装飾です。

 

それはそれはうっとり見惚れてしまうほどの美しい空間のなか、

優雅なひと時を過ごしてきました。

 


 

「ベーリックホール」

 

装飾を担当された島津まどか先生が、差替え作業のためにちょうど来られ、

直接お話をお伺いすることが出来ました。

 

名だたる先生方にこうして直接お会いできるチャンスがあるのも、

花と器のハーモニーの醍醐味です。

お会いできた場合は必ず質問をするのが私スタイル。

 

親切に応じてくださり、また色々なアイディアと励ましのお言葉をいただきました。

貴重なお時間を割いてもらい、なんとも感激です。

 


 

「外交官の家」

 

最今回のメインでもあるこちらの会場は、

私がこの春からテーブルコーディネートの講習を受けに行っている

『Atelier Moet』の主宰

森田朋子先生の手掛けた装飾&テーブルコーディネート。

 

 

  

この日は「ドラマ on the Table」と言う

デーブルコーディネートの公演にも参加してきました!

全てが重要文化財のため、普段は絶対に触れてはいけないと言われている

 チェアーに座っての講習はとても緊張しましたが...

 

その後のティータイムで鎌倉のカジュアルフレンチ「レネ」さんのサンドや

ベルサイユ宮殿ご愛用のフレグランスを使った「NINA'S」の紅茶をいただき、

すっかり花より団子(^▽^;)

 

  

こテーブルコーディネートは非常に奥が深く、歴史や食文化、二十四節気など

学ぶことが多くあり覚えるのが苦手な私にとってはかなりハードルが高いのですが、

少しずつ教養を身につけ、深みにある女性になれると良いな♡と思っています。

 

  

ホテルや美術館、ウェディングショーや大使館など、

様々な空間装飾を手掛けている先生は、まさに私の憧れです。

今月の講習もまた楽しみだな~(*´▽`*)