8/10 スルガ銀行【d-labo たまプラーザ】夏を彩るインテリアオブジェ「麦わら帽子」Workshop

 

夏真っ盛りの8月10日(土)に、スルガ銀行様d-labo たまプラーザ】にてワークショップを開催いたしました。今回は可愛らしいハワイの伝統工芸リボンレイを小さな麦わら帽子と組み合わせた、夏ならではのインテリアオブジェ制作を行いました。

 

 

【レイ】とは、ハワイの伝統工芸で頭・肩・首などにかける

お花や貝殻等で作ら装飾品のことを指します。

今回はリボンを編み込んだリボンレイを制作していただきました!

 


 

フラワーレイ同様、リボンレイもハワイではとってもポピュラーな工芸品の1つ。

ブレスレットやタッセルなど数多くのレイが作られています。

 

 

まずは恒例のご挨拶とワークショップのご説明をします。

 


 

前回から引き続きご参加くださった方、今回が初めての方いらっしゃいますが

常に初心を忘れずに務めさせていただきます。

 


 

今回はMIKUちゃんこと五十嵐先生がお盆で帰省中のため、

キャンドルアーティストの木下先生に講師のお手伝いをしていただきました。

 

 

リボンの編み込みは初心者の方でも安心してチャレンジできる内容になっています。

が、コレが意外とややこしく仕組みを理解するまでは少しだけ頭を使います (*´Д`)

 

  

お好みのリボンを2色選んで編み込み、そのレイを麦わら帽子に合わせ、

最後はフラワービーズを使って飾りつけをします。

選んだカラーに合ったお花で可愛く仕上げる工程は期待が高まります♪

 

  

レイの編み込みはじめや、帽子に真っすぐきれいに回してあげるのに多少苦戦しますが、

それがまたモノづくりの醍醐味で面白く楽しいポイントになります!

 

  

こちらの生徒様の作品は、ビタミンカラーのオレンジがハワイアンな活力を感じさせる

とっても夏らしい仕上がりになりました!

 

  

こちらはパープルをメインカラーにさりげないちょっぴり大人な雰囲気の麦わら帽子になりました。

涼を感じさせる見た目にも優しい作品です。 

 

  

所要時間に個人差があるため、今回は全ての作品と集合写真を残すことができませんでしたが、

みなさん、どれも魅力溢れる麦わら帽子のインテリアオブジェを作ってくださいました (*´▽`*)

 

   

季節ならではのワークショップに大変好評をいただいて私も嬉しさでいっぱいです。

楽しくスキルも学べるワークショップをこれからも開催していきたいと思います!